英語で味わう狂歌 大田南畝-19 Enjoying Kyoka in English: Nanpo Ota-19

英語で味わう狂歌 大田南畝-19
Enjoying Kyoka in English: Nanpo Ota-19

神ならば 出雲の国へ 行くべきに 目白で開帳(カイチョウ) 谷保(ヤホ; ヤボ)の天神

大田南畝

If Kami, he should have gone to Izumo.
Yet unveiled at Mejiro; How uncouth Tenjin of Yaho.

Ota Nampo

Translated by Kota Nakako

 

(注) 狂歌(きょうか)とは、風刺、皮肉、しゃれ、滑稽を盛り込んだ5-7-5-7-7形式の短歌。

Note: Kyoka is satirical, ironical or comical short Japanese poem, derived from Tanka, composed of 31 syllables, with a pattern of 5-7-5-7-7 sounds.

2023/12/21

にほんブログ村 本ブログ 詩集・歌集・句集へ   にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ   にほんブログ村 本ブログへ