英語で味わう狂歌 大田南畝-37 Enjoying Kyoka in English: Nanpo Ota-37

英語で味わう狂歌 大田南畝-37
Enjoying Kyoka in English: Nanpo Ota-37

吉原の 夜見せをはるの 夕ぐれは 入相(イリアヒ)の鐘に 花やさくらん

大田南畝

In Yoshiwara gay quarters, girls are in the dusk touting,
Responding to the evening bell, the cherries are blossoming.

Ohta Nampo

Translated by Kota Nakako

(注) 狂歌(きょうか)とは、風刺、皮肉、しゃれ、滑稽を盛り込んだ5-7-5-7-7形式の短歌。江戸時代後期(18世紀後半)に隆盛し、天明狂歌として黄金期を迎える。大田南畝(蜀山人 ショクサンジン; 1749-1823)は、その代表的文人、狂歌師。

Note: Kyoka is satirical, ironical or comical short Japanese poem, derived from Tanka, composed of 31 syllables, with a pattern of 5-7-5-7-7 sounds. It flourished and marked a golden age in the late Edo period in the late 18th century as Tenmei Kyoka. Ota Nampo, Shokusanjin (1749-1823), is one of the leading Kyoka poets.

2024/01/01

にほんブログ村 本ブログ 詩集・歌集・句集へ   にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ   にほんブログ村 本ブログへ