英語で味わう狂歌 大田南畝-81 Enjoying Kyoka in English: Nanpo Ota-81

英語で味わう狂歌 大田南畝-81
Enjoying Kyoka in English: Nanpo Ota-81

雲楽斎いもうとまかりけるとききて

はかなしや あのよ十萬 おく様に ならんとてしも おこし入りとは

大田南畝

On hearing Unrakusai’s sister passed away.

What a sorrow to the next world away she passed, 
About to be a millionaire’s bride blessed.

Yomono Akara (Nanpo Ohta)

(コメント; Comment)

雲楽斉は、当時盛んだった洒落本の作者という。南畝が親交があったのだろう。人生の悲哀、皮肉を込めている。

Unrakusai was a writer of then popular Sharebon, pleasure quarter’s novelettes, in the mid-Edo period, and probably one of Nampo’s close friends. He composed it with sorrows of life and irony. 

(注) 狂歌(きょうか)とは、風刺、皮肉、しゃれ、滑稽を盛り込んだ5-7-5-7-7形式の短歌。江戸時代後期(18世紀後半)に隆盛し、天明狂歌として黄金期を迎える。大田南畝(蜀山人 ショクサンジン; 1749-1823)は、その代表的文人、狂歌師。

Note: Kyoka is satirical, ironical or comical short Japanese poem, derived from Tanka, composed of 31 syllables, with a pattern of 5-7-5-7-7 sounds. It flourished and marked a golden age in the late Edo period in the late 18th century as Tenmei Kyoka. Ota Nampo, Shokusanjin (1749-1823), is one of the leading Kyoka poets.

by Kota Nakako

2024/02/16

にほんブログ村 本ブログ 詩集・歌集・句集へ   にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ   にほんブログ村 本ブログへ