経済学短歌 乗数理論 Keynesian Multiplier

経済学短歌 Economics Tanka

乗数理論 Keynesian Multiplier

限界の 消費性向 高ければ 政府投資 効果大なり

The higher the marginal propensity to consumer, the higher the multiplier, i.e. the stimulative effect of government spending.

乗数は 1 – c (イチヒクシイ)の 逆数で c(シイ)は限界 消費性向

Keynesian multiplier is the reciprocal of one minus c, where c stands for marginal propensity to consume.

Kota Nakako

にほんブログ村 本ブログ 詩集・歌集・句集へ   にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ   にほんブログ村 本ブログへ