ちはやぶる 神代(かみよ)も聞かず 龍田川(たつたがわ) 唐紅(からくれない)に 水(みず)くくるとは 在原業平(ありわらのなりひら) Heard of scarcely, Even in the age mystical far ranging, The river Tatsuta turns red vividly, Mirroring and shadowing The autumnal crimson foliage emerging. By Narihira Arihara Translated by Kota Nakako

17.
ちはやぶる 神代(かみよ)も聞かず 龍田川(たつたがわ) 唐紅(からくれない)に 水(みず)くくるとは

在原業平(ありわらのなりひら)

(鑑賞)
不思議なことの多い神代(神話時代)でも、聞いたことがない。龍田川が、紅葉を映し、唐紅色に水をくくり染めにしているとは

Heard of scarcely,
Even in the age mystical far ranging,
The river Tatsuta turns red vividly,
Mirroring and shadowing
The autumnal crimson foliage emerging.

By Narihira Arihara
Translated by Kota Nakako

(Appreciation)
Unheard of even in the mystical age, the river Tatsuta turns red mirroring the autumnal crimson foliage.

にほんブログ村 本ブログ 詩集・歌集・句集へ   にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ   にほんブログ村 本ブログへ