クレーのある部屋1 The Room with pictures of Paul Klee – 1

はじめに

クレーの絵が好きである。本エッセイは、わたしのクレーへの思い、感じかた、クレーの絵のプリントをつかったインテリアの軌跡をつづったものだ。

家のつたいない応接間に、アフロプリントのXL(特大)3枚、リビングにXL1枚、吹き抜けの玄関にM3枚を飾っている。実はもっと掛けたいのだが、そうするとやや仰々しくなり、かえってクレーの魅力を損なってしまうかもしれない。何ごとも過ぎたるはおよばざるがごとしだろう。ほどほどが肝心だ。

絵画という視覚的芸術にあまり理屈、理論、知識は不用であろう。その絵が、画家が好きかどうか、他の絵画、画家とくらべて好きかどうか。その程度や感じ方が大切だろう。玄関先と応接間の空間のインテリアとしてわたしにとって、今のところクレーにまさる絵(プリント)はないと感じている。

ルネッサンス期の絵、例えばレオナルドダヴィンチ、印象派のゴッホ、ゴーギャン、マネ、モネなどの絵は素晴らしい、好きである。しかし、それは、わたしがクレーへの愛好とは少し違う。いやかなり違うと言って良いかも知れない。クレーの絵はわたしの感性と馴染みがよい、あるいは、わたしが求めるものを表現してくれているといったらよいだろうか。クレーのプリントをつかったインテリア空間をつくりたかった。

一般に、アートにおいて好きになると、そのアーティスト、画家の生涯、思想、芸術理論、芸術史上の位置づけなどいろいろ知りたくなるのが常であろう。しかし絵画のような視覚的芸術には、知識の侵入には警戒が必要ではないかと思う。頭でっかちになると、先入観が絵の魅力を台無しにしかねない。感性と行動を大切にしたい。それは、絵、プリントを選び、実際に掛けてみることだ。

だからわたしはクレーの生涯や解説、芸術史上の位置づけなどあえてあまり踏み込まないようにしている。それらの知識が、わたしのクレーに対する感じ方に介入してこないようにするためだ。仮にわたしがクレーのある絵に感じたことが、学者、評論家の方々の解釈と違ったとしても、さらにたとえクレー自身のその絵の創作の意図と異なっていてもそれはかまわないではないか、わたしは自らの感じ方を大切にしたい。

今回、クレーのアート、そのプリントをつかったインテリアについてつづるにあたって、上記に矛盾するが、クレーの著作を含む数冊を参考文献として読むことにした。それが読者に対するエチケットであると思ったからだ。

結果的に、わたしのクレーのアートに対する感じ方に変化は生じなかった。それはわたしの感じ方に裏付けを与える形になった。と同時にクレーの作品の受け止め方は、受け手のこころの鏡に様々に映るということを知った。アートというのは、創作者と受け手との対話であるということを感じた。自由な空間だ。それは喜びだった。

本書がクレー鑑賞にあたって、またクレーのプリントをつかったインテリアに関心のある皆さんの参考になればとてもうれしい。

クレーのプリントのコレクションは、クレーの膨大な作品群のほんのひとにぎりに過ぎなく、またそれはわたしが折々に気に入ったもので、わたしの好みに片寄ったものである。わたしのクレーに対する感じ方に寄り添う形で、アフロの古賀さん、松村さんがナビゲートしくれ、また、ときに脱線しかけるのをふせいでくれる。それはとてもありがたく、楽しく、わたしの想像を膨らましてくれる。

2021年4月

中湖 康太

 

にほんブログ村 本ブログ 詩集・歌集・句集へ   にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ   にほんブログ村 本ブログへ